県道の県境17(栃木-埼玉)

柳生の三県境から渡良瀬遊水地あたりで接するのみ。境界線の距離は短いです。

・栃木県道・群馬県道・埼玉県道・茨城県道9号佐野古河線(栃木県栃木市 埼玉県加須市)

県道9号線は群馬県→埼玉県→群馬県→栃木県→埼玉県→茨城県と目まぐるしく県が変わります。

県道の県境16(栃木-群馬)

関東の人間は栃木と群馬の境界線が長く感じられます。

・群馬県道・栃木県道66号桐生田沼線(栃木県佐野市 群馬県桐生市)
・群馬県道・栃木県道67号桐生岩舟線(栃木県足利市 群馬県桐生市)
・群馬県道・栃木県道254号丸山葉鹿線(栃木県足利市 群馬県太田市 葉鹿橋)
・群馬県道・栃木県道256号竜舞山前停車場線(栃木県足利市 群馬県太田市 鹿島橋)
・栃木県道・群馬県道39号足利伊勢崎線(栃木県足利市 群馬県太田市)
・栃木県道・群馬県道5号足利太田線(栃木県足利市 群馬県太田市 県境4ヶ所あり)
・栃木県道・群馬県道128号佐野太田線(栃木県足利市 群馬県太田市)
・栃木県道・群馬県道38号足利千代田線(栃木県足利市 群馬県太田市 県道上に県境)
・群馬県道・栃木県道152号赤岩足利線(栃木県足利市 群馬県邑楽郡邑楽町)
・栃木県道・群馬県道・埼玉県道20号足利邑楽行田線(栃木県足利市 群馬県邑楽郡邑楽町)
・群馬県道・栃木県道278号中野福居線(栃木県足利市 群馬県邑楽郡邑楽町)
・栃木県道・群馬県道148号野田多々良停車場線(栃木県足利市 群馬県邑楽郡邑楽町)
・栃木県道・群馬県道8号足利館林線(栃木県足利市 群馬県館林市)
・栃木県道・群馬県道223号寺岡館林線(栃木県足利市 群馬県館林市 県境2ヶ所あり)
・栃木県道・群馬県道・埼玉県道7号佐野行田線(栃木県佐野市 群馬県館林市 渡良瀬大橋)
・群馬県道・栃木県道57号館林藤岡線(栃木県栃木市 群馬県邑楽郡板倉町)
・栃木県道・群馬県道・埼玉県道・茨城県道9号佐野古河線(栃木県栃木市 群馬県邑楽郡板倉町 県境2ヶ所あり)

群馬県邑楽町に栃木県足利市羽刈町の飛び地があるようです。

県道の県境15(茨城-千葉)

茨城県と千葉県は利根川を境としているケースが多いです。

・茨城県道・千葉県道260号谷原息栖東庄線(茨城県神栖市 千葉県香取郡東庄町  利根川大橋)
・千葉県道・茨城県道44号成田小見川鹿島港線(茨城県神栖市 千葉県香取市 息栖大橋)
・茨城県道・千葉県道101号潮来佐原線(茨城県潮来市 千葉県香取市)
・茨城県道・千葉県道101号潮来佐原線(茨城県稲敷市 千葉県香取市)
・茨城県道・千葉県道11号取手東線(茨城県稲敷市 千葉県香取市 千葉県飛び地)
・茨城県道・千葉県道107号江戸崎神崎線(茨城県稲敷市 千葉県香取郡神崎町 神崎大橋)
・茨城県道・千葉県道103号江戸崎下総線(茨城県稲敷郡河内町 千葉県成田市 常総大橋)
・千葉県道・茨城県道4号千葉竜ヶ崎線(茨城県北相馬郡利根町 千葉県我孫子市 栄橋)
・千葉県道・茨城県道170号我孫子利根線(茨城県取手市 千葉県我孫子市 茨城県飛び地)
・茨城県道・千葉県道47号守谷流山線(茨城県取手市 千葉県柏市 新大利根橋)
・千葉県道・茨城県道46号野田牛久線(点線県道)
・茨城県道・千葉県道3号つくば野田線(茨城県坂東市 千葉県野田市 芽吹大橋)
・茨城県道・千葉県道142号岩井野田線(点線県道)
・茨城県道・千葉県道162号岩井関宿野田線(茨城県坂東市 千葉県野田市 下総利根大橋有料道路)
・茨城県道・千葉県道17号結城野田線(茨城県猿島郡境町 千葉県野田市 境大橋)

県道11号では利根川北岸に千葉県の飛び地(香取市石納)があり、
県道170号では利根川南岸に茨城県の飛び地(取手市小堀)があります。

利根川の氾濫の歴史が生んだ飛び地です。歴史をひも解いてみるのも面白いです。

県道の県境14(茨城-埼玉)

私の地元、埼玉県は長野県に次いで接する県が多いです。

・栃木県道・群馬県道・埼玉県道・茨城県道9号佐野古河線(茨城県古河市 埼玉県加須市 国道354号重複区間)
・埼玉県道・茨城県道267号幸手境線(茨城県猿島郡五霞町 埼玉県幸手市)
・埼玉県道・茨城県道268号西関宿栗橋線(茨城県猿島郡五霞町 埼玉県幸手市)

目玉は4つの県にまたがる県道9号でしょうか。
しかも県境がめまぐるしく変わります。
柳生の三県境に近いので訪れてみてはどうでしょうか。

県道の県境13(茨城-栃木)

福島県と新潟県を結ぶ県道は存在しません。

関東に移ったとたん、多くなりました。

・茨城県道・栃木県道28号大子那須線(茨城県久慈郡大子町 栃木県大田原市)
・栃木県道・茨城県道205号須賀川大子線(茨城県久慈郡大子町 栃木県大田原市)
・茨城県道・栃木県道13号大子黒羽線(茨城県久慈郡大子町 栃木県大田原市)
・茨城県道・栃木県道234号小田野大那地線(茨城県常陸大宮市 栃木県那須郡那珂川町 烏帽子掛峠)
・茨城県道・栃木県道29号常陸太田那須烏山線(茨城県常陸大宮市 栃木県那須烏山市 )
・栃木県道・茨城県道12号那須烏山御前山線(茨城県常陸大宮市 栃木県那須烏山市 )
・栃木県道・茨城県道287号山内上小瀬線(茨城県常陸大宮市 栃木県芳賀郡茂木町 )
・茨城県道・栃木県道291号下伊勢畑増井線(茨城県常陸大宮市 栃木県芳賀郡茂木町 )
・茨城県道・栃木県道51号水戸茂木線(茨城県東茨城郡城里町 栃木県芳賀郡茂木町 )
・栃木県道・茨城県道1号宇都宮笠間線(茨城県笠間市 栃木県芳賀郡茂木町 仏ノ山峠)
・栃木県道・茨城県道286号深沢岩瀬線(茨城県桜川市 栃木県芳賀郡茂木町)
・茨城県道・栃木県道257号西小塙真岡線(茨城県桜川市 栃木県芳賀郡益子町)
・茨城県道・栃木県道41号つくば益子線(茨城県桜川市 栃木県芳賀郡益子町)
・茨城県道・栃木県道45号つくば真岡線(茨城県筑西市 栃木県真岡市)
・栃木県道・茨城県道207号高田筑西線(茨城県筑西市 栃木県真岡市)
・茨城県道・栃木県道216号岩瀬二宮線(茨城県筑西市 栃木県真岡市 県境3ヶ所あり)
・茨城県道・栃木県道204号結城二宮線(茨城県筑西市 栃木県真岡市)
・茨城県道・栃木県道204号結城二宮線(茨城県筑西市 栃木県小山市)
・茨城県道・栃木県道204号結城二宮線(茨城県結城市 栃木県小山市 福良橋)
・栃木県道・茨城県道35号宇都宮結城線(茨城県結城市 栃木県小山市)
・茨城県道・栃木県道146号結城石橋線(茨城県結城市 栃木県小山市)
・栃木県道・茨城県道147号小金井結城線(茨城県結城市 栃木県小山市 県道上に県境)
・栃木県道・茨城県道264号小山結城線(茨城県結城市 栃木県小山市)
・茨城県道・栃木県道292号矢畑横倉新田線(茨城県結城市 栃木県小山市)
・茨城県道・栃木県道54号明野間々田線(茨城県結城市 栃木県小山市)
・茨城県道・栃木県道190号境間々田線(茨城県古河市 栃木県下都賀郡野木町)
・栃木県道・茨城県道294号東野田古河線(茨城県古河市 栃木県下都賀郡野木町 県道上に県境)
・栃木県道・茨城県道261号野木古河線(茨城県古河市 栃木県下都賀郡野木町)

全部で26本あります。

県道294号東野田古河線は、野木町南赤塚・古河市東牛谷~西牛谷あたり、3キロほど道路中央が県境となっています。

日帰りで行ける距離なので近々行ってみようと思います。

県道の県境12(福島-群馬)

福島県側が南会津郡檜枝岐村、群馬県側が利根郡片品村。
県境が村・村のみの珍しいケースです。

・群馬県道・福島県道1号沼田桧枝岐線(点線県道)

尾瀬ヶ原に群馬・福島・新潟の三県境があります。

県道の県境11(福島-栃木)

今日は4つです。

・栃木県道・福島県道60号黒磯棚倉線(福島県東白川郡棚倉町 栃木県那須郡那須町 戸中峠)
・栃木県道・福島県道76号伊王野白河線(福島県白河市 栃木県那須郡那須町)
・栃木県道・福島県道68号那須西郷線(福島県西白河郡西郷村 栃木県那須郡那須町 )
・栃木県道・福島県道290号那須甲子線(福島県西白河郡西郷村 栃木県那須郡那須町 )

東北本線の豊原駅、秘境駅として有名です。黒川を境界として福島県白河市と接しています。

県道の県境10(福島-茨城)

関東へ入ってきました。

・茨城県道・福島県道10号日立いわき線(福島県いわき市 茨城県北茨城市)
・福島県道・茨城県道27号塙大津港線(福島県東白川郡塙町 茨城県北茨城市)
・茨城県道・福島県道111号高萩塙線(福島県東白川郡塙町 茨城県高萩市)
・福島県道・茨城県道195号下関河内小生瀬線(福島県東白川郡矢祭町 茨城県久慈郡大子町)
・福島県道・茨城県道196号石井大子線(福島県東白川郡矢祭町 茨城県久慈郡大子町)

福島県、茨城県、栃木県の三県境近くに八溝山(やみぞさん)があります。
山頂近くまで車で行けます。(「県境マニア!」No.26八溝山を参照ください)

県道の県境9(山形-新潟)

今日は2つです。

・山形県道・新潟県道349号鶴岡村上線(山形県鶴岡市 新潟県村上市)
・新潟県道・山形県道52号山北関川線(山形県鶴岡市 新潟県村上市 雷峠)

山形県道・新潟県道349号鶴岡村上線は東日本最長の一般県道だそうです。
ですが、起点が山形県鶴岡市で終点が新潟県村上市、
通過するのは鶴岡市と村上市のみです。
鶴岡市と村上市の面積の大きさにビックリです。

「さん・けん・きょう」(和歌山・奈良・三重の三県境)後編

田戸橋からまずは昼食、道の駅おくとろを目指します。
ところが、左折すべき交差点を直進。

左折がおくとろ温泉、直進は行き止まりの標示があるのになぜ直進したの?

結局、行き止まり。ここで30分ほどロスしました。

なんだかんだで道の駅おくとろに着きました。
道の駅おくとろには三県境全体の案内板があります。





昼食はバイキングでした。運転の疲れと空腹で食べるのに夢中。
お土産にじゃばらのお酒を買いました。
じゃばらは北山村だけに自生していた幻の柑橘です。
他にもジャムやぽん酢、ジュースなどが商品化されています。

(じゃばら村センターわいわい市場店HP)
http://www.kitayamamura.com/

おなかがくちくなり、少し仮眠。
残り一つの三県境へ向かいます。

新大沼橋の二県境で途中下車。



七色ダムに到着しました。
ダムの天端(てんば=ダムの一番上部)を国道169号が通っており
和歌山県北山村から三重県熊野市へ移ります。





更に国道169号を北上、五郷町桃崎で国道309号と合流し、左折。
14時04分、四つ目の三県境にたどりつきました。感慨無量です。



(奈良県側標識)



(三重県側標識)



いつ、建てられた石碑でしょうか。「奈良縣」の字は読めるのですが。



三県境が終わり、残すは国道311号の二県境の二ヶ所。
ここまで来たら国道42号で熊野灘を見たいなと思い立ち、国道309号で熊野市へ。
素直に国道169号を引き返せば良かったものを・・・

国道42号に合流し、国道311号の標識が見えたので左折?しました。
でも少し走って海が見えてるし、だんだん尾鷲市が近づいているし・・・アレッ?

駐車して地図をじっくり見て反対方向に向かっていることを確認しました。
国道311号、熊野市市街地付近は国道42号と併用区間だったのですね。
今さら気づいても遅い・・・

来た道を引き返し、国道42号へ。ロス45分。
レンタカーの返却時間は17時まで、あと2時間しかない。
間に合うか一か八かの賭け、戻れなかったらそのとき考えよう。

どれだけ走ったか、とても遠く感じました。
やっとこさ、瀞(どろ)大橋に着きました。
また和歌山県新宮市に戻りました。



5分ぐらいで慌てて写真撮影。更に西へ。
最後の二県境、新宮市嶋津。



後はレンタカーを返すのみ。
国道169号、国道168号で16:55、新宮駅前に着きました。ホッ。

今回は夜行バスで一日のみの強行軍で疲れました。
次は二泊三日ぐらいでノンビリと訪れたいですね。
「さん・けん・きょう」のフォトラリー、来年の2/28まで実施してます。
多くの方に参加して頂けると「県境マニア!」としては嬉しいです。

「さん・けん・きょう」(和歌山・奈良・三重の三県境)前編

11/2(金)に県境飛び地として有名な和歌山県北山村と新宮市(一部)
へ行ってまいりました。
(地図)
http://www.mapion.co.jp/m/33.929075_135.97219_7/

現在、新宮市東牟婁振興局「さん・けん・きょう」フォトラリーを開催中です。
(「さん・けん・きょう」HP)
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/130700/sankenkyou.html

「さん・けん・きょう」とは三つの県の境をいいます。

普通、三県の境は一ヶ所しか存在しませんが和歌山県北山村と
新宮市(一部)が飛び地となっているため、和歌山・奈良・三重の
三県境は五ヶ所も存在します。

その三県境近くにこのたび案内板が設置されました。

フォトラリーはその案内板の写真を撮って応募すると抽選で商品が当たります。
このチャンスを逃す手はない!と意気込んで新宮へ向かいました。

朝7:40頃、夜行バスにえんえん揺られて新宮駅に到着しました。



東牟婁振興局の三隅さんが出迎えに来ていて恐縮。
「さん・けん・きょう」の資料を頂きました。
三県境の他に二県境の案内板を立てたことを知り、
全て撮影しようと決心したのでした。



レンタカーを借りて、いざ出発!
まずは国道168号を北上。熊野川を右手に見て進みます。
道路復旧工事の多さが昨年の大水害を物語っています。
宮井大橋で国道169号へ。途中から一車線になり対向車
に気をつけながら、まずは奈良県十津川村です。



しばらくすると最初の三県境案内板がありました!



この案内板は実際の三県境から離れた位置にあり、
二ヶ所の三県境の案内を兼ねています。

しばらく感慨にふけった後で和歌山県新宮市の飛び地へ入りました。



周りは奈良県と三重県、不思議な感覚です。
新宮市の飛び地を縦断し、瀞峡(どろきょう)トンネルを抜け、田戸橋に到着。



田戸橋から眺める北山川は絶景です。



いったん、国道169号から離れ5分ほど走り瀞峡の駐車場へ。
二つ目の三県境案内板です。





しばらく川の中にある三県境地点あたりを眺めていました。

瀞峡を出発、田戸橋に戻り奈良県十津川村に再突入しました。



東野トンネル、小松トンネルを過ぎると和歌山県北山村です。
三つ目の三県境案内板がありました。



ここまでで12時と順調なペースです。
残すはあと一つのみ、国道311号の二県境看板二ヶ所を
含めて余裕で回れると思ったのですが・・・(後編につづく)

県道の県境8(山形-福島)

今日は1つのみです。

・山形県道・福島県道2号米沢猪苗代線(山形県米沢市 福島県耶麻郡北塩原村 白布峠)

山形・福島・新潟の三県境に飯豊山があります。福島県喜多方市に属する幅1メートルの登山道が山形県と新潟県の県境に食い込む形となっており7.5キロほど続いています。一度、訪れたい登山道です。

県道の県境7(秋田-山形)

秋田と山形の県境、鳥海山など険しい山々に阻まれ国道を含め結ぶ道路は少ないです。

・秋田県道・山形県道73号雄勝金山線(点線県道)
・山形県道210号鳥海公園吹浦線(秋田県にかほ市 山形県飽海郡遊佐町 県境3ヶ所あり)

山形県道210号は秋田県にかほ市象潟町西中野沢深山が起点となっており、秋田県道131号とつながっています。

県道の県境6(宮城-福島)

今日は8つと多いです。

・福島県道・宮城県道38号相馬亘理線(宮城県亘理郡山元町 福島県相馬郡新地町 )
・宮城県道・福島県道103号金山新地停車場線(宮城県伊具郡丸森町 福島県相馬郡新地町 福田峠)
・福島県道・宮城県道228号相馬大内線(宮城県伊具郡丸森町 福島県相馬市 旗巻峠)
・宮城県道・福島県道45号丸森霊山線(点線県道)
・宮城県道・福島県道102号平松梁川線(宮城県伊具郡丸森町 福島県伊達市 松坂峠)
・宮城県道・福島県道101号丸森梁川線(宮城県伊具郡丸森町 福島県伊達市)
・宮城県道・福島県道107号赤井畑国見線(宮城県白石市 福島県伊達郡国見町 山崎峠)
・宮城県道・福島県道46号白石国見線(宮城県白石市 福島県伊達郡国見町 小坂峠)

県道45号は県境の笹ノ峠付近が車両通行止めとなっています。

県道の県境5(宮城-山形)

宮城-秋田には県境の県境なしです。
ということで宮城-山形。

・山形県道・宮城県道13号上山七ヶ宿線(宮城県刈田郡七ヶ宿町 山形県上山市 金山峠)
・宮城県道・山形県道12号白石上山線(宮城県刈田郡七ヶ宿町 山形県上山市 県境3ヶ所あり)
・宮城県道・山形県道62号仙台山寺線(点線県道)
・山形県道・宮城県道262号最上小野田線(宮城県加美郡加美町 山形県最上郡最上町)
・山形県道・宮城県道63号最上鬼首線(宮城県大崎市 山形県最上郡最上町 花立峠)

まず、県道12号白石上山線(蔵王エコーライン)ですが県境を3回またいでいます。刈田駐車場あたりです。

それから県道62号ですが点線の部分が二口林道となっており車の通行が可能となっています。ただし砂利道や一車線のところがあり運転に注意が必要です。

県道の県境4(岩手-秋田)

今日は境界線が南北です。

・岩手県道・秋田県道23号大更八幡平線(岩手県八幡平市 秋田県仙北市 見返峠)
・岩手県道・秋田県道195号田山花輪線(岩手県八幡平市 秋田県鹿角市)
・岩手県道・秋田県道12号花巻大曲線 (点線県道のため県境なし)

点線国道は有名ですが点線県道もあるのですね。

 

県道の県境3(岩手-宮城)

今日は4つです。

・宮城県道・岩手県道34号気仙沼陸前高田線(岩手県陸前高田市 宮城県気仙沼市 飯森峠)
・宮城県道・岩手県道18号本吉室根線(岩手県一関市 宮城県気仙沼市)
・岩手県道・宮城県道48号弥栄金成線(岩手県一関市 宮城県栗原市)
・宮城県道・岩手県道49号栗駒衣川線(岩手県一関市 宮城県栗原市)

一関市の広さにビックリです。東は気仙沼市と接し、西は秋田県(雄勝郡東成瀬村)と接しています。

 

県道の県境2(青森-秋田)

今日は1つのみです。

・青森県道・秋田県道317号西目屋二ツ井線(青森県中津軽郡西目屋町 秋田県山本郡藤里町)

県境は釣瓶(つるべ)トンネルとなっています。もともとは釣瓶落(つるべおとし)峠という古い峠が

ありました。トンネル名から落を取ったのは、落ちるが転落をイメージするからでしょうか。

 

県道の県境1(青森-岩手)

今日から、県道の県境を調べていこうと思います。

最初は青森-岩手から。

・青森県道・岩手県道11号八戸大野線(青森県三戸郡階上町 岩手県九戸郡軽米町)
・岩手県道・青森県道33号軽米名川線 (青森県八戸市 岩手県九戸郡軽米町)
・岩手県道・青森県道32号二戸田子線(青森県三戸郡田子町・三戸郡三戸町 岩手県二戸市)

(参考資料 ウィキペディア、マピオン地図)

32号二戸田子線の青森県側、県境上に田子町と三戸町の境があります。

以後、こんな感じで日々更新を目指していきますのでよろしくお願いします。

Facebookページ開設しました。

「県境マニア!」のFacebookページ開設いたしました。
皆様、「県境マニア!」をよろしくお願いいたします。

Copyright© 2017 県境マニアの秘密基地 All Rights Reserved.